ぬか漬け 生活

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

kom(@kom_foody_note)がシェアした投稿

 

自分でぬか床を用意して、ぬか漬けを始めたのが2020年の初夏。

それ以来、ほぼ毎日、ぬか漬けを食べるようになりました。

 

冷蔵庫で発酵させるぬか床

「ぬか床」といえば、ぬか床を入れたカメを、台所の隅の方に置いて、毎日掻き回すイメージですが、私が利用しているのは、大きめのタッパーに入れた、低温で発酵する菌のぬか床で、冷蔵庫の中に置いておけるものです。

低温なので、発酵も緩やかなので、かき回すのは、2-3日に1回ぐらいで大丈夫です。

その分、ぬか床にいれる野菜の発酵も遅く、葉物は1日ぐらいで大丈夫ですが、ニンジンなどの硬めの野菜は3日程度つけておかないと、いけません。

 

 

我が家のぬか床の構成

  • 冷蔵庫内で活動する低温増殖性乳酸菌ウオヌマ株の「雪室ぬか」
  • 冷蔵庫に入る大きさのタッパー(4.6L)
  • 【ぬか床の水取り器】 ぬかとっくり

ecodepa.jp

「雪室ぬか」は、すでに発酵処理が済んでいるので、
塩水やぬかなどを練り合わせるような、ぬか床作りの初期工程は省いて、
そのまま野菜をつけ始めることができるので、お手軽でした。

 

ぬか床の容器は、このタッパーです。

密閉できるので、「冷蔵庫の中が、ぬか床臭くなる」ということはありません。

 

 

冷蔵庫・ぬか床のいい点は、旅行などで、家をしばらくあけることができること。今までの経験から、2週間程度は、冷蔵庫に放っておいても大丈夫でした。「しばらく期間が空いたら、クズ野菜などを入れて、ぬか床を活性化させてください」のようなことが必要と言われますが、そういうことも全く不要です(ただし、下のお休み処理はしておきます。)

 

ぬか床のお休み処理

  1. ニンジンや大根などの硬めの野菜以外のものは、ぬか床から引き上げます。
  2. ぬか床の水分を少なめになるようにします。
  3. ぬか床を平にして、上から「ぬか床元気」のような、粉状のものを層になるように、被せておきます。
  4. 冷蔵庫の中に保管(我が家は蓋のできるタッパー)

 

これだけ、やっていれば、2週間ぐらい、放っておいても、大丈夫でした。

要は、水分を抜いて、ぬか床と空気にふれる部分を少なくしてあげるといいと思います。

 

 

ぬか漬けにしてGoodだった具材

ウズラの卵

茹でて殻剥き処理が終わったウズラの卵を、そのまま漬けます。

燻製玉子的な感じに!

 

カマンベールチーズ

大きいチーズではなく、個装タイプのカマンベールチーズの方が扱いやすいです。

ワインにもあいます。

 

アボカド

絶妙な風味になります。

溶けるのが心配なので、お茶パックに包んで、ぬか床に入れています。

 

枝豆

茹でた枝豆を 鞘付きのまま ぬか床に入れます。

そんなにぬか漬けっぽくはなりませんが、茹でたときとは違った風味の枝豆を楽しめます。

 

ズッキーニ

キュウリの仲間だからか、全然ふつうに美味しかったです。

 

長芋

サクサクした感じが残り、美味しくいただけます。 

 

 

ぬか漬けにしてイマイチだった具材

れんこん

食べてみると、水分の吸われる食材に変身してしまいました。

そのまま食べるのではなく、炒め素材にすると、大丈夫でした。

 

 ミニトマト

あまり変化しませんでした。

 

 

 



Copyright © KoM の 食べものノート All Rights Reserved.


このサイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。

このサイトは、Amazon.co.jpなどを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムの参加者です。